About Nao

Qualifications/Trainings

 

 

2008 ISHTA (Integrated Science of Hatha, Tantra and Ayurveda) Yoga Teacher Training, RYT200hr (India)

2010 Reiki Healing Level 1&2 (Japan)

2013 Intensive teacher training with Donna Farhi (UK)

2014 Iyengar Yoga Foundation course (UK)

2014 Seeds of Life Raw Food Chef Certificate (Bali)

2015 Elemental Yoga Therapy Teacher Training (Bali)

2015 Ayurvedic Nutrition And Cooking certificate, Mysore Ayurveda (India)

2018 Traditional Thai Yoga Massage certificate (Thailand)

 

I'm extremly grateful to the many teachers who have influenced and helped me on my yoga journey.

 

Rachel Zinman, Sarah Powers, Donna Farhi, R Saraswathi Jois, Vinay Kumar,  Jai C Salt, Sofia Araujo, Sophie Carrington, Reema Datta, Stewart Gilchirist, Mark Kan, Jeff Phenix, and many more! 

 

私とヨガ

 

2003年にヨガと出逢い、ヨガが生活の一部になってから、目に見える身体の変化に伴って、少しずつ変わってきたことがあります。それは自分の内側の世界。外側の世界がいかに煩雑であったとしても、内側に平穏さを見いだせると共に、日常が実はワクワクすることで溢れていて、幸せって目指すものではなくて、ただ一瞬一瞬で感じるものなんだということ。生かされている間、絶え間なく起こる呼吸に意識を向けヨガをしていると、ただその瞬間だけを生きることの大切さに気づかされます。

 

2008年にインドで、個人のヨガと呼ばれるイシュタヨガの指導者資格を取得し、その後、ワークショップやティーチャートレーニングで数々のヨガの種類を勉強しました。アシュタンガヨガやジバムクティヨガなどの身体的にハードなヨガからゆっくりと身体を開くインヨガや、穏やかなリストラティブヨガ、浄化力の高いクンダリニーヨガ、ポーズの正確性に厳しいアイアンガーヨガ、ポーズに一連の流れをもたせるビンヤサヨガなど。世界的に活躍されている先生方にも多く教えを頂き、そのすべてが私のヨガの基礎を作っています。

 

2015年にヨガセラピーのティーチャートレーニングを終了。自然界の法則と見事に調和させたエレメンタルヨガの考え方は、これまでの自身のトレーニングにストンとはまる感覚があり、深い視点でヨガを捉える機会となりました。私達の心身は、自然界の法則と見事に深く関わっています。調和を失った結果、心身が不調を訴えるとき、そのバランスをとる方法として、ヨガのポーズや瞑想がどれだけ深く体と心にアプローチするのか実体験として学べ、更にヨガの可能性の広がりを感じています。

 

ヨガはサンスクリット語で繋ぐ(統合)という意味があります。自分の心の声と行動を統合する、自分の行動を自然界の法則と調和させる、現代という複雑な時代に生きる私達には、こういうシンプルなことがとても難しいように思えます。私にとって、ヨガはシンプルな人生への道しるべとなってくれる欠かせないものとなりました。

シンプルな人生とは、つまらない人生ではないんです。シンプルだからこそ、日常そのものが、ワクワクとドキドキでいっぱいの人生です。その中で、心は中心はいつも穏やかなんですね。心も体も、芯のあるフレキシブルな人を私自身目指しています。